新型コロナ「オミクロン株」国内初確認 感染男性はナミビアの外交官 航空機同乗の70人を濃厚接触者に FNNプライムオンライン

アフリカのナミビアに滞在歴があり、成田空港に到着した男性が、変異した新型コロナウイルス「オミクロン株」に感染していたことが分かった。国内で「オミクロン株」が確認されるのは初めて。オミクロン株」への感染が確認されたのは、ナミビアに滞在歴があり、別の国を経由し28日に成田空港に到着した30代の男性。空港の検疫所の新型コロナウイルス検査で陽性となり、検体をゲノム解析した結果、「オミクロン株」と確認された。関係閣僚会議の後、取材に応じた後藤厚労大臣によると、感染が確認されたのはナミビアの外交官の男性。当初、無症状だったが、翌29日には発熱が出たという。厚労省では、同じ航空機に乗っていた全ての乗客70人を濃厚接触者として扱い、アプリによる健康管理などを要請する方針。協力に応じない場合は、氏名の公表なども検討する。厚生労働省は、当初、濃厚接触者として扱う乗客の数をを「71」人と発表していたが、その後、「70人」だったと訂正した。

用:FNNプライムオンライン

早め早めの対策が必要となります。

海外から新しい変異株が、入ってきて、まだまだ、油断はできません。

自分だけ、会社だけ、日本の国だけ感染対策をしても、感染対策とはなりません。

海外から水際対策を国がきちんと対策を講じても、どこで感染するかは、誰にもわかりません。

最大の防御としては、一人ひとりが自らの行動を変える、新しい生活習慣様式に変えることが大切です。

発熱があれば体温計で熱を測り風邪薬を飲むのという対応はよくありません。

その発熱は風邪によるものか、インフルエンザによる発熱なのか、コロナウィルスによるものなのか知ることが重要なのです。

まずは抗原検査キットですぐに原因を確認し把握した後に、医療機関で診察を受けるようにする。

これがほんとうの意味での感染対策となります。

新しい生活様式、新しい行動力これらが、最大の感染対策になると考えます。

検査キットは「オミクロン株」にも対応できるのか

当社の検査キットについてオミクロン株に対応できるのか、メーカーに確認したところ、今までの回答と同様タンパク質を検出して判定するので変異株にも反応するとのことです。

ただし実際にオミクロン株は、あくまで理論上ですが、検出可能とのことです。

日々、臨床しております。新しい情報が入りましたら随時お知らせさせて頂きます。

感染症対策の基本となる、高度の感染対策マスクやうがい、手洗いは、必ず怠らず、油断せずに、毎日、実践してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA