減少傾向でも油断しないことが大事です。

米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの世界全体の感染者が12日、累計5億人を超えました。

死者は618万人超。世界保健機関(WHO)によると、新規感染者、死者とも減少傾向だが、感染力の強いオミクロン株が依然として流行し、新たな変異株の出現に警戒を呼びかけています。

ワクチン接種が進み、重症化率や死亡率が低くなってきたため、欧米を中心にマスク着用義務などの規制を撤廃する動きが加速しております。

WHOは各国の医療体制などに合わせた慎重な対応を求めています。

オミクロン株では、従来型の「BA・1」を感染力で上回る派生型「BA・2」が報告の大半のようです。

皆様方の企業や団体あるいは学校内での感染はまだまだ、気を許せません。

他人に会う時には、ご自身が感染しない、他人に感染させない。という意識が極めて重要である、ということは言うまでもありません。

他人に会う前に、必ず、ご自身が感染していない。ということを確認した上で、万全の感染症対策を施して、会うようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症対策分科会の資料をご確認下さい。

引用:内閣官房ホームページ「新型インフルエンザ等対策推進会議」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA