新型コロナ「冬場の第6波」と受験シーズン重なる懸念 子どもとワクチン接種の現状 −FNNプライムオンライン−

新型コロナ「冬場の第6波」と受験シーズン重なる懸念 子どもとワクチン接種の現状

(中略)9月27日からは大学入学共通テストの出願受付が始まる。しかし来たる受験シーズンと「冬場の第6波」が重なる恐れもあり、先を見据えた対応が急務だ。共通テストの本試験は年明け1月15日・16日に行われ、追試験は2週間後の1月29日・30日に予定されているが、不安を感じている受験生も少なくないはずだ。大学入試センターは、受験生に常時マスク着用を義務づける一方、濃厚接触者に当たる受験生は、無症状でPCR検査が陰性であることなどを条件に別室で受験できるようにするという。

引用:新型コロナ「冬場の第6波」と受験シーズン重なる懸念 子どもとワクチン接種の現状 −FNNプライムオンライン−

人生の最大の関門である大学受験。

そんな重要な受験がきちんと全員が受けられるようにするためには、自分ひとりだけではなく、受験生全員が受験当日、全員陰性で受験できるようにしましょう!

それには、まずは自分が感染しないで会場に行く→濃厚接触者を出さない。

そんな環境を作るように、全員が、しっかり、検査しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA